スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるたる

2009年07月24日 02:04

休憩の合間にちょこちょこ読んでた「骸なる星 珠なる子」 通称:なるたる

読み終わり!

「それなに?」って人にわかりやすく伝えるなら

アンインストールが主題歌で有名な「ぼくらの」の作者さんの作品です

ハートフルボッコな作品ですw

「なるたる」で調べればWIKIとか出るので、見てもらえればわかるかと思います

最初は楽に読み進められるんですが、徐々に徐々に・・・心が・・・

特に第6巻の衝撃がすごかった






この子の登場 正式名称は不明の「鬼」と呼ばれる竜の子

見た目凶悪そうでしょ?凶悪ですw

リンク者(持ち主)の小6女子がイジメにあっていて、我慢してたのが遂に限界に・・・

もう耐え切れなくなった極限 クローゼットでずっと潜んでいた彼が登場!

イジメとか現実でもあるので、リアリティあふれる過程でした・・・

まあ登場しただけじゃ別に何にも衝撃的じゃないです

この子の行動が衝撃的なんです・・・

書いても良いのか悩む・・・w

Wikiに書いてあるのでそっち読んでもらえると助かりますw
(なるたるWiki→人物 その他→尾崎三早 の項目からどうぞ)

読むのメンドイ!って人はこちらの12話・13話を参照ください

ただ、エゲツナイ部分があるので自己責任で・・・

しかしアニメ版も少し見たら、鬼がラスボスみたいになってるのかw

何も解決しないまま終わってるじゃないかw

しかもこれを地上波でやってたのかw やばいだろw

でも結構面白い作品でした(意味わかんないとこ結構あったけどw

心がやられるけど



ほしまる見ればちょっと安らぐ!!w



では今日はこの辺で

ノシ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stmni.blog23.fc2.com/tb.php/108-9a0d8dd2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。